The 47th Annual Meeting of the Japanese Society of Clinical Immunology

47 日本臨床免疫学会総会

磨穿鉄硯 〜免疫疾患の克服をめざして〜

会 期
2019.10.17(木) → 19(土)
会 場
ロイトン札幌
会 長
渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室 教授)

演題募集

演題登録方法

演題登録は、インターネットによるオンライン登録のみとさせていただきます。郵送による演題受付は行いませんので、ご注意ください。 演題を登録するためのボタンは、本画面下部にあります。「新規登録画面」のボタンからお進みください。平文通信・暗号通信がありますが、セキュリティーの関係上、できるだけ暗号通信をご使用ください。

■ 一般演題の登録

一般演題の募集を開始いたします。

■ 指定演題の登録

事務局よりご依頼させて頂いた方のみの登録となります。
指定演題の先生には、事務局よりメールで登録のご案内をしております。

演題登録期間

2019年4月10日(水)~ 5月28日(火)正午

演題応募資格

一般演題の演題申込みに関しては、筆頭演者は日本臨床免疫学会の会員に限ります(指定演題発表者は除く)。非会員の方は、下記日本臨床免疫学会事務局へお問い合わせの上、所定の入会手続きをお願いいたします。

■ 学会入会についてのお問合せ

【日本臨床免疫学会事務局】
〒104-0041 東京都中央区新富1-12-4 シーラカンスビル8階
株式会社ウィアライブ学術支援部内
TEL: 03-6693-2842 FAX: 03-3552-4178
E-mail: jsci@ouialive.co.jp

第3回日本臨床免疫学会 研究奨励賞および症例報告賞について

日本臨床免疫学会では、一般演題にエントリーした演題の中から、40歳以下の投稿者を対象として優秀な演題に対して、第3回日本臨床免疫学会 研究奨励賞ならびに第3回日本臨床免疫学会 症例報告賞を選出いたします。

  • 応募は、1筆頭演者につき1演題となります
  • 受賞対象は40歳以下(2019年4月1日時点)の方となります
  • 研究奨励賞の候補に選出された場合は、会期中、プレナリーワークショップでご発表(口演)いただき、最終審査を行います。

オンライン演題登録に際しての注意事項

以下の発表形式があります。一般演題の方も、指定演題の方も、すべて下記の発表形式のいずれかを選択してから、演題名、抄録本文の登録をお願いいたします。

1)発表形式【指定演題】

※ 事務局よりご依頼させて頂いた方のみの登録となります。

指定演題カテゴリー
指定演題カテゴリー

2)発表形式【一般演題】

※ 発表形式(口演/ポスター)については総会にご一任ください。

一般演題カテゴリー
一般演題カテゴリー

*プレナリーケースレポートのご案内*
会期2日目(10月18日)16:20~17:00(予定)に、プレナリーケースレポートを開催いたします。エントリーをご希望の方は、演題登録時に「プレナリーケースレポートへ応募する」を選択してください。

オーガナイザーの言葉:

亀田 秀人(東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野)
 臨床免疫学は免疫疾患の病態を深く理解し、診断や治療を向上させることを目的としています。従って基礎および橋渡し研究の成果をどのように臨床に還元させるのかを症例検討の中で議論することは臨床免疫学会の根幹をなす重要な役割と考えられます。また本学会の特色として多様な臨床領域や非臨床領域の会員から構成されており、特に全身性・多臓器疾患の議論において他の学会や研究会では実現できない多角的な議論が可能です。以上の点に鑑みて、臨床免疫学会総会に症例報告として応募され、かつプレナリーケースレポートでの発表・議論を希望された演題の中から2-3演題を選抜し、症例に適した多領域からのパネリストを含めた参加者全員で、最新の臨床免疫学の知見を駆使した議論を展開したいと思います。若手研究者から最前線で日々診療に尽力している臨床医まで多くの会員の皆様にご参加いただいて、本学会でしか味わえない時間をぜひ共有しましょう。診断や治療に難渋している症例、臨床免疫学が威力を発揮した成功例など多くの演題をお待ちしています。
(発表言語:日本語)


3)文字数

演題名全角100文字(半角200文字)以内
抄録本文全角600文字(半角1,200文字)以内
  • 文字数をオーバーすると登録できませんのでご注意ください。
  • 特殊記号・文字はホームページ上の特殊記号・文字表からコピーしてご利用ください。図表の添付はできませんので、ご了承ください。
  • 抄録に関しては、誤字・脱字・変換ミスを含め、事務局での校正・訂正は行ないませんので、十分にご確認ください。演題登録をされた後は、必ず演題登録確認画面をプリントアウトして保管しておいてください。

4)筆頭著者のメールアドレス登録

演題登録の受領はE-mailで行ないます。演題登録後、演題登録受領のE-mailは、ご登録いただいたメールアドレス宛に送信されますので、誤りがないようご注意ください。

5)共著者の登録

共著者は筆頭著者を含めて最大20名まで、所属機関は最大15箇所まで登録できます。

6)パスワードと演題登録番号

ご登録時に、登録者本人に任意のパスワード(半角英数文字6~8文字以内)を決めていただきます。演題登録が終了すると同時に、パスワードと演題登録番号が発行されます。パスワードと演題登録番号が発行されるまでは演題登録は終了していませんので、ご注意ください。
パスワードと演題登録番号は、抄録内容の修正や演題の採否、お問い合わせ時に必要となります。パスワードと演題登録番号は、必ず書き留めるか、その画面をプリントアウトして保存することをお勧めします。
なお、パスワードと演題登録番号の記録及び機密保持は、登録者ご本人に依存します。パスワードに関するお問い合わせには、セキュリティーの関係からお答えできませんのでご了承ください。

7)演題受領通知

ご応募いただいた演題には、UMINから電子メールにて自動的に演題受領通知が送信されます。登録・修正作業後、2日を過ぎても受領通知がない場合、登録内容(メールアドレス入力)の誤りが予想されますので、運営事務局までメールにてお問い合わせください。

8)演題修正・削除

演題登録期間中は、何度でも演題の修正・削除が可能です。演題の修正・削除には、演題登録時の演題登録番号及びパスワードが必要になりますので、ご注意ください。

9)演題の採否通知

演題の採否・発表形式については、総会にご一任ください。
演題の採否通知については、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡いたします。(7月中旬頃予定)

10)その他

締切間際には、登録や変更が殺到し、アクセスしにくくなる可能性がありますので、早めの登録と修正をお勧めします。
なお、抄録内容の修正を必要とされない方も、念のためホームページへアクセスし、「確認・修正画面」で抄録内容が呼び出せることで、抄録が登録されていることを確認されるようお勧めします。
また、登録時における疑問点などは一般利用者用のオンライン演題登録用FAQをご覧ください。

演題登録

下記のボタンからお進みください

《SSL暗号通信》※登録内容が暗号化されます(推奨)
暗号通信 登録画面 暗号通信 確認・修正画面

上のボタンでアクセスできない方はこちらから
《平文通信》※登録内容が暗号化されません

  登録画面 | 確認・修正画面

演題登録に関するお問合せ先

【運営事務局】
株式会社ウィアライブ コンベンション事業部
〒104-0041 東京都中央区新富1-12-4 シーラカンスビル8F
Tel. 03-3552-4170 / Fax. 03-3552-4178
Email. jsci2019@ouialive.co.jp