The 47th Annual Meeting of the Japanese Society of Clinical Immunology

47 日本臨床免疫学会総会

磨穿鉄硯 〜免疫疾患の克服をめざして〜

会 期
2019.10.17(木) → 19(土)
会 場
ロイトン札幌
会 長
渥美 達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室 教授)

日程表

日程表


プログラム

臨床免疫プレナリーレクチャー
シンポジウム
ベーシックシンポジウム
臨床医のための基礎免疫セミナー
教育講演および関連するワークショップ
プレナリーケースレポート
プレナリーワークショップ(研究奨励賞ノミニー講演)
アニュアルエビデンスレビュー(免疫療法認定医:単位認定プログラム)

臨床免疫プレナリーレクチャー1  特異的神経回路活性化による炎症性疾患の制御

    10月17日(木)第1会場 11:10~11:50
    座長:田中良哉(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
    演者:村上正晃(北海道大学遺伝子病制御研究所 分子神経免疫学分野)

臨床免疫プレナリーレクチャー2  免疫学的観点から炎症性腸疾患治療を考える

    10月18日(金)第1会場 11:05~11:45
    座長:渥美達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
    演者:仲瀬裕志(札幌医科大学 消化器内科学講座)

シンポジウム1  自己免疫疾患治療の進歩:平成から令和へ

    10月17日(木)第1会場 9:00~11:00
    座長:渥美達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
       佐藤伸一(東京大学大学院 医学系研究科 皮膚科学)
    演者:
            S1-1  強皮症治療の進歩
                          吉崎 歩(東京大学大学院 医学系研究科医学部 皮膚科学)
            S1-2  腎炎治療の進歩―ループス腎炎を中心に―
                          岩田恭宜(金沢大学大学院 腎臓内科学)
            S1-3  神経免疫疾患治療の進歩
                          神田 隆(山口大学 大学院 医学系研究科 臨床神経学)
            S1-4  関節リウマチ・脊椎関節炎治療の進歩
                          田中良哉(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
            S1-5  血管炎治療の進歩
                          藤本 学(大阪大学 大学院医学系研究科 皮膚科学)

シンポジウム2  向免疫療法

    10月17日(木)第1会場 14:20~16:20
    座長:塚原智英(札幌医科大学 病理学第一講座)
       森尾友宏(東京医科歯科大学大学院 発生発達病態学分野)
    演者:
            S2-1  向がん免疫療法
                          塚原智英(札幌医科大学 医学部 病理学第一)
            S2-2  原発性免疫不全症と免疫療法
                          岡本圭祐(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 発生発達病態学分野)
            S2-3  神経疾患における免疫療法―歴史的な視点から―
                          佐藤和貴郎(国立精神神経医療研究センター神経研究所免疫研究部)
            S2-4  iPS細胞による免疫疾患治療探索
                          齋藤 潤(京都大学 iPS細胞研究所)
            S2-5  腸内細菌による細胞老化を介した発がん促進機構
                          河本新平(大阪大学 微生物病研究所)
            S2-6  アレルギーと免疫治療
                          杉田和成(鳥取大学 医学部 感覚運動医学講座 皮膚病態学分野)

シンポジウム3  難治性疾患の病因病態論

    10月18日(金)第1会場 9:00~11:00
    座長:川上 純(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻
            リウマチ・膠原病内科学分野)
       早川 智(日本大学医学部 病態病理学系 微生物学分野)
    演者:
            S3-1  強皮症の病態:臨床試験データからの知見
                          桑名正隆(日本医科大学 アレルギー膠原病内科学)
            S3-2  SLEの免疫異常と臓器障害
                          一瀬邦弘(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学共同専攻
               リウマチ膠原病内科学分野)
            S3-3  HTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態と治療法の開発
                          山野嘉久(聖マリアンナ医科大学 先端医療開発学)
            S3-4  子宮内膜症の病因病態における免疫の関与
                          甲賀かをり(東京大学大学院 医学系研究科)
            S3-5  原発性硬化性胆管炎病態への腸内細菌の関与
                          中本伸宏(慶應義塾大学医学部消化器内科)

ベーシックシンポジウム1  T細胞

    10月17日(木)第2会場 9:00~11:00
    座長:中山田真吾(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
       藤尾 圭志(東京大学大学院 医学系研究科 内科学専攻 アレルギー・リウマチ学)
    演者:
            BS1-1  SOXファミリー分子によるT細胞分化制御
                          中島裕史(千葉大学 大学院医学研究院 アレルギー・臨床免疫学)
            BS1-2  皮膚の防御における多段階的なT細胞の役割
                          江川形平(京都大学医学部 医学研究科 皮膚科)
            BS1-3  肝疾患病態へのT細胞の役割
                          中本伸宏(慶應義塾大学医学部消化器内科)
            BS1-4  “ 異所性リンパ濾胞” 性ヘルパーT 細胞
                          吉富啓之(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 組織再生応用分野)
            BS1-5  自己免疫疾患における濾胞性ヘルパーT 細胞
                          中山田真吾(産業医科大学医学部 第1内科学講座)

ベーシックシンポジウム2  B細胞

    10月17日(木)第1会場 16:20~18:20
    座長:熊ノ郷淳(大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学)
       藤本 学(大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学)
    演者:
            BS2-1  記憶B細胞の分化・応答の制御機構
                          北村大介(東京理科大学 生命医科学研究所)
            BS2-2  交感神経によるB細胞免疫応答の制御
                          鈴木一博(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター)
            BS2-3  全身性エリテマトーデスにおけるB細胞の機能ゲノム解析
                          藤尾圭志(東京大学大学院 医学系研究科 内科学専攻アレルギー・リウマチ学)
            BS2-4  ミスフォールド蛋白/HLAクラスII 複合体と自己免疫疾患
                          荒瀬規子(大阪大学大学院医学系研究科 皮膚科学)

ベーシックシンポジウム3  自然免疫

    10月18日(金)第1会場 14:20~16:20
    座長:三宅幸子(順天堂大学医学部 免疫学講座)
       山岡邦宏(北里大学医学部 膠原病・感染内科学)
    演者:
            BS3-1  樹状細胞と免疫疾患
                          佐藤克明(宮崎大学医学部 医学科 感染症学講座免疫学分野)
            BS3-2  転写因子IRF5はSLE治療の優れた創薬標的となるか
                          田村智彦(横浜市立大学 大学院医学研究科 免疫学)
            BS3-3  全身性エリテマトーデスにおけるI型インターフェロン産生細胞の解析
                          三宅幸子(順天堂大学医学部 免疫学講座)
            BS3-4  核酸特異的Toll様受容体と自己免疫疾患
                          三宅健介(東京大学医科学研究所)

臨床医のための基礎免疫セミナー

    10月18日(金)第2会場 14:20~16:20
    座長:高岡晃教(北海道大学 遺伝子病制御研究所・大学院医学研究科 分子生体防御分野)
       村上正晃(北海道大学 遺伝子病制御研究所・大学院医学研究科 分子神経免疫学)
    演者:
            CIS-1  がんとT細胞免疫
                          塚原智英(札幌医科大学 医学部 病理学第一)
            CIS-2  自然免疫と炎症性腸疾患
                          小林弘一(北海道大学 医学研究院 免疫学)
            CIS-3  免疫アレルギー病態に関わるリンパ球サブセット
                          一宮慎吾(札幌医科大学 医学部 フロンティア医学研究所 免疫制御医学部門)
            CIS-4  サイトカインシグナルと免疫疾患治療
                          松田 正(北海道大学 大学院薬学研究院 衛生化学研究室)

教育講演1  皮疹を症状にする免疫疾患

    10月17日(木)第3会場 9:00~ 9:30
    ■皮疹を症状にする免疫疾患
    座長:田村直人(順天堂大学医学部 膠原病内科)
    講師:藤本 学(大阪大学 大学院医学系研究科 皮膚科学)

ワークショップ1  皮疹を症状にする免疫疾患

    10月17日(木)第3会場 9:30~11:00
    座長:浅野善英(東京大学大学院医学系研究科・医学部 皮膚科)
       松本 功(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
    演者:
            WS1-1 乾癬病態の表皮における免疫学的異常
                          中島喜美子(高知大学 医学部 皮膚科学講座)
            WS1-2 黄色ブドウ球菌の皮膚線維芽細胞への作用
            ―強皮症指尖潰瘍の慢性化に関わる病態生理の新たな側面

                          横田雅也(千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科)
            WS1-3 全身性強皮症患者に特徴的な炎症性単球サブセットとドライバー遺伝子群の同定
                          小林聖未(東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科)
            WS1-4 皮膚筋炎:皮疹と間質性肺疾患のupdate
                          五野貴久(日本医科大学 大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野)
            WS1-5 全身性強皮症の組織微小環境は,抗CD20抗体によるB細胞除去療法において,
            組織中B細胞のprotective niche としてはたらく

                          久住 藍(東京大学医学部 皮膚科)
            WS1-6 患者由来iPS細胞を用いた強皮症性肺動脈性肺高血圧症の病態解明
                          工藤友喜(北海道大学大学院医学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)

教育講演2  免疫疾患:神経を症状にする疾患

    10月17日(木)第2会場 14:20~ 14:50
    ■神経系を侵す自己免疫疾患
    座長:山村 隆(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所)
    講師:神田 隆(山口大学 大学院 医学系研究科 臨床神経学)

ワークショップ2  免疫疾患:神経を症状にする疾患

    10月17日(木)第2会場 14:50~16:20
    座長:廣畑俊成(信原病院)
       宮崎雄生(国立病院機構 北海道医療センター 臨床研究部 神経内科)
    演者:
            WS2-1 過敏性腸症候群,機能性ディスペプシアに潜む抗自律神経節アセチルコリン
            受容体抗体

                          向野晃弘(熊本大学病院 分子神経治療学寄附講座)
            WS2-2 広がりゆく自己免疫性自律神経節障害の概念
                          中根俊成(熊本大学病院 分子神経治療学寄附講座(脳神経内科))
            WS2-3 Trisomy8を伴う腸管ベーチェット病の経過中に中枢神経病変が出現した症例
                          赤木貴彦(川崎医科大学 リウマチ・膠原病学)
            WS2-4 慢性進行型神経ベーチェット病におけるMHC class 2の検討
                          菊地弘敏(帝京大学 医学部 内科)
            WS2-5 マウスモデルにおける抗リン脂質抗体の精神神経症状や中枢神経系細胞への影響
                          阿部靖矢(北海道大学大学院医学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
            WS2-6 フィンゴリモドは血中ケモカインを低下させることなく多発性硬化症の再発を
            抑制する

                          宮崎雄生(国立病院機構 北海道医療センター 臨床研究部 神経内科)

教育講演3  免疫疾患:消化器を症状にする疾患

    10月17日(木)第2会場 16:20~16:50
    ■原発性硬化性胆管炎における病因腸内細菌の関与
    座長:辻 典子(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門)
    講師:金井隆典(慶應義塾大学医学部消化器内科)

ワークショップ3  免疫疾患:消化器を症状にする疾患

    10月17日(木)第2会場 16:50~18:20
    座長:高橋裕樹(札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学)
       久松理一(杏林大学医学部付属病院 消化器内科)
    演者:
            WS3-1 自己免疫性膵炎の自己抗原同定とその発展
                          塩川雅広(京都大学 医学部 消化器内科)
            WS3-2 炎症性腸疾患鑑別診断としての家族性地中海熱遺伝子関連腸炎
                          仲瀬裕志(札幌医科大学医学部 消化器内科学講座)
            WS3-3 JunBはIL-2シグナルを介して,制御性T細胞の分化を調節する
                          片桐翔治(東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野(大橋))
            WS3-4 炎症性腸疾患における疾患活動性マーカーとしてのLRGの意義
                          仲 哲治(高知大学医学部医学科 臨床免疫学)
            WS3-5 ベルベリンは腸管粘膜CD4+T細胞のAMPKの活性化を介して
            炎症性サイトカインを制御しマウス慢性腸炎を改善させる

                          高原政宏(岡山大学 消化器内科)
            WS3-6 新規粘膜ワクチンを用いた腸内細菌制御法の開発
                          藤本康介(大阪市立大学大学院医学研究科 ゲノム免疫学)

教育講演4  免疫疾患と妊娠

    10月17日(木)第3会場 14:20~14:50
    ■自己免疫疾患と妊娠
    座長:村島温子(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター)
    講師:杉浦真弓(名古屋市立大学 大学院医学研究科 産科婦人科)

ワークショップ4  免疫疾患と妊娠

    10月17日(木)第3会場 14:50~16:20
    座長:相澤志保子(日本大学医学部 病態病理学系 微生物学分野)
       保田 晋助(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
    演者:
            WS4-1 自己免疫疾患としての不育症
                          谷村憲司(神戸大学 医学部 産科婦人科科)
            WS4-2 免疫学的知見による新しい流早産発症メカニズムの解明
                          根岸靖幸(日本医科大学微生物学免疫学教室)
            WS4-3 産科抗リン脂質抗体症候群に対するダナパロイドの出生率改善効果の検討
                          吉原紘行(名古屋市立大学 産科婦人科)
            WS4-4 当科における膠原病合併妊娠コホート
                          菅原恵理(北海道大学大学院医学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室)
            WS4-5 妊娠を契機に第1子では汎血球減少からマクロファージ活性化症候群に至り,
            第2子では血小板減少を認め,治療介入を必要とした一例

                          熊本友子(兵庫医科大学病院 内科学講座 リウマチ・膠原病科)

教育講演5  免疫不全

    10月17日(木)第3会場 16:20~16:50
    ■AIOLOSミスセンス変異によるB細胞欠損症
    座長:有賀 正(社会医療法人母恋 天使病院)
    講師:山下 基(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
            発生発達病態学・小児地域成育医療学講座)

ワークショップ5  免疫不全

    10月17日(木)第3会場 16:50~18:20
    座長:今井耕輔(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 茨城県小児・周産期地域医療学講座)
       岡田 賢(広島大学大学院医系科学研究科 小児科学)
    演者:
            WS5-1 Novel Human Inborn Errors of the NF-κB Pathway
                          Moriya Kunihiko
           (Laboratory of Human Genetics of Infectious Diseases,Necker Branch1)
            WS5-2 原発性免疫不全症の遺伝子診断におけるExome解析のpitfallと診断困難例に
            対する解析戦略~患者由来iPS細胞を用いて診断したDeep intron変異による
            細胞種依存的なNEMO異常症の経験から

                          本田吉孝(京都大学 医学部 小児科)
            WS5-3 MIRAGE症候群患者10例の臨床的特徴と免疫学的解析
                          關中佳奈子(防衛医科大学校 小児科)
            WS5-4 Exophiala dermatitidisによる全身性黒色真菌感染症を発症した
            CARD9欠損症の一例

                          今中雄介(広島大学医歯薬保健学研究科 小児科学)
            WS5-5 Lig4遺伝子改変マウスを用いた腸管免疫寛容破綻による炎症性腸疾患の
            発症解明

                          田村志宣(和歌山県立医科大学 血液内科)
            WS5-6 TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)患者におけるG87V変異TNFRSF1A
            の同定と機能解析

                          向井知之(川崎医科大学 リウマチ・膠原病学)
            WS5-7 A20ハプロ不全症における腸内microbiome解析
                          豊福悦史(東京医科歯科大学 発生発達病態学分野)

教育講演6  癌免疫

    10月18日(金)第2会場 9:00~ 9:30
    ■がん免疫療法
    座長:石井 優(大阪大学大学院生命機能研究科 免疫細胞生物学研究室)
    講師:保仙直毅(大阪大学大学院医学系研究科 癌幹細胞制御学)

ワークショップ6  癌免疫

    10月18日(金)第2会場 9:30~11:00
    座長:河上 裕(国際医療福祉大学医学部、
             慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門)
       鳥越俊彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
    演者:
            WS6-1 免疫チェックポイント阻害薬リバースTRによるヒト腫瘍免疫学の進歩
                          河上 裕(国際医療福祉大学医学部、
                慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門)
            WS6-2 免疫チェックポイント阻害剤副作用の特徴
                          鳥越俊彦(札幌医科大学医学部 病理学第一講座)
            WS6-3 ニボルマブが著効した胃がんの1例
                          吉岡正雄(岡山済生会総合病院 内科)
            WS6-4 脳腫瘍患者におけるWT1ヘルパーペプチド併用WT1ペプチドワクチン療法の
            免疫モニタリング解析

                          森本創世子(大阪大学大学院医学系研究科 癌ワクチン療法学寄附講座)
            WS6-5 ステロイド治療中止後も症状再燃なく経過した抗PD-L1抗体投与後発症した
            irAE重症筋無力症の一例

                          島田祐樹(愛玉医科大学 国際医療センター 支持医療科)
            WS6-6 Pembrolizumab投与により顕在化したIgG4関連疾患の一例
                          二村 俊(市立福知山市民病院 腫瘍内科)

教育講演7  アレルギー

    10月18日(金)第3会場 9:00~ 9:30
    ■アレルギー病態研究の最近の話題
    座長:住田孝之(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー)
    講師:中島裕史(千葉大学 大学院医学研究院 アレルギー・臨床免疫学)

ワークショップ7  アレルギー

    10月18日(金)第3会場 9:30~11:00
    座長:園田康平(九州大学大学院医学研究院 眼科学分野) 
       松井 聖(兵庫医科大学 内科学講座 リウマチ・膠原病科)
    演者:
            WS7-1 眼内線維性増殖の病態~ペリオスチンの役割とマクロファージの関与~
                          石川桂二郎(九州大学病院 眼科)
            WS7-2 アトピー性皮膚炎の治療標的としてのIL-4とIL-33
                          今井康友(兵庫医科大学 皮膚科)
            WS7-3 単一施設における間質性腎炎ぶどう膜炎症候群17例の臨床学的特徴
                          坪田欣也(東京医科大学 眼科)
            WS7-4 免疫系ヒト化HLA-DR4 transgenic NOD/Shi-scid, IL-2Rγ nullマウスを
            用いた新たなxeno-graft versus host diseaseモデルの検討

                          都築 広(日本大学医学部 血液膠原病内科)
            WS7-5 アレルギーの有無によるIgG4関連疾患の治療前サイトカイン値の検討
                          山本元久(東京大学医科学研究所 附属病院 抗体・ワクチンセンター)
            WS7-6 当科における難治性気管支喘息5症例に対するBenralizumabの治療経過:
            好酸球性副鼻腔炎併存の影響について

                          吉川卓宏(兵庫医科大学 内科学講座 リウマチ・膠原病科)

教育講演8  筋骨格系の免疫

    10月18日(金)第3会場 14:20~14:50
    ■関節リウマチの病態 update
    座長:三森経世(医仁会 武田総合病院)
    講師:松本 功(筑波大学医学医療系 膠原病・リウマチ・アレルギー内科)

ワークショップ8  筋骨格系の免疫

    10月18日(金)第3会場 14:50~16:20
    座長:橋本 求(京都大学大学院 リウマチ性疾患制御学講座)
       溝口史高(東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科)
    演者:
            WS8-1 特発性炎症性筋疾患におけるマネジメントと自己抗体
                          中嶋 蘭(京都大学大学院 医学研究科 内科学講座 臨床免疫学)
            WS8-2 骨免疫と骨リモデリング制御
                          林 幹人(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学分野)
            WS8-3 Necroptosis阻害は実験的多発性筋炎モデルにおいて筋細胞死と炎症細胞浸潤を
            抑制し筋力を改善させる

                          神谷麻理(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 膠原病・リウマチ内科)
            WS8-4 Jazf1遺伝子はCD4+LAG3+制御性T細胞からのIL-10産生を負に制御する
                          河野正憲(東京大学大学院 医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科)
            WS8-5 pDC-specific Ab targeting PLD4 is a potential therapeutic
            Ab for SLE

                          山崎智英(SBIバイオテック株式会社)
            WS8-6 姉妹SLE 患者由来iPS 細胞及びゲノム編集技術を用いたrare variantsの探索と
            機能証明

                          夏本文輝(東京大学医学部 アレルギーリウマチ内科)

プレナリーケースレポート

    10月18日(金)第1会場 16:20~17:00
    座長:亀田秀人(東邦大学医学部内科学講座 膠原病学分野)
    演者:
            PCR-1 診断・治療に難渋している好酸球性胃腸症の母子例
                          平賀寛人(弘前大学医学部 消化器血液内科学)
            PCR-2 間質性肺炎に腎クリーゼ様病態を合併した抗PL-7抗体陽性の一例
                          四茂野恵奈(帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ科)

プレナリーワークショップ(研究奨励賞ノミニー講演)

    10月18日(金)第1会場 17:00~18:00
    座長:三宅幸子(順天堂大学医学部 免疫学講座)
       辻 典子(国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門)
    演者:
            KS-1 新規粘膜ワクチンを用いた肥満関連腸内細菌の制御
                          藤本康介(大阪市立大学大学院医学研究科 ゲノム免疫学)
            KS-2 全身性強皮症患者に特徴的な炎症性単球サブセットとドライバー遺伝子群の同定
                          小林聖未(東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科)
            KS-3 必須アミノ酸メチオニンによるEZH2発現を介した形質芽細胞分化誘導と
           SLE病態への関与

                          張 明増(産業医科大学医学部 第1内科学講座)
            KS-4 姉妹SLE 患者由来iPS 細胞及びゲノム編集技術を用いたrare variantsの
           探索と機能証明

                          夏本文輝(東京大学医学部 アレルギーリウマチ内科)
            KS-5 好中球二次顆粒欠損症で認めた変異型転写因子C/EBPεΔRSのHDAC阻害剤
           による機能回復の可能性

                          村岡正裕(金沢大学医薬保健研究域医学系 小児科)

アニュアルエビデンスレビュー1     免疫療法認定医:単位認定プログラム

    10月19日(土)第1会場 9:00~10:20
    座長:渥美達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室) 
       松本 功(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
    演者:
            AEL1-1 関節リウマチおよび脊椎関節炎
                          田村直人(順天堂大学 医学部 膠原病内科)
            AEL1-2 消化器免疫疾患のエビデンスレビュー 炎症性腸疾患を中心に
                          長沼 誠(慶應義塾大学 医学部 消化器内科)

アニュアルエビデンスレビュー2     免疫療法認定医:単位認定プログラム

    10月19日(土)第1会場 10:30~11:50
    座長:渥美達也(北海道大学大学院医学研究院 免疫・代謝内科学教室) 
       松本 功(筑波大学医学医療系内科(膠原病・リウマチ・アレルギー))
    演者:
            AEL2-1 免疫チェックポイント阻害剤を中心としたがん免疫療法のエビデンスレビュー
                          中面哲也(国立がん研究センター 先端医療開発センター 免疫療法開発分野)
            AEL2-2 アレルギー領域疾患のエビデンスレビュー
                          神戸直智(関西医科大学 皮膚科)